老化防止 方法

【老化防止の方法】を10分で知れて少しの努力で若返れる方法とは?

 

老化防止,方法

 

 

 

老化をすることは自然なことなのですが、

 

 

出来たら見た目だけは避けて通りたいですよね?

 

 

皆さんはここぞという時に何度も「遅らせることが出来たらいいのにな〜」と思ったことがあるのではないでしょうか。

 

 

ここでは老化を防止して、若返る方法が10分で理解できる記事になっています。

 

 

 

 

まずはメカニズムを知りましょう

 

 

 

メカニズムは大きく2つあります。

 

 

それが、【DNAによる老化プログラム】と【DNAなどが傷つきエラーを起こす】
メカニズムです。

 

 

【DNAによる老化プログラム】とは、

 

 

遺伝子DNAにあらかじめ老化プログラムが組み込まれていて、
そのプログラムに従って老化が進行するものです。

 

 

一方、

 

 

【DNAなどが傷つきエラーを起こす】とは、

 

化学物質などで遺伝情報が傷つけられ突然変異を起こしたり、
タンパク質の構造に少しずつ変異が起こることで老化が進行することです。

 

 

次は、老化の引き金となる原因を知りましょう。

 

 

 

老化を引き起こすおもな原因

 

 

 

老化の原因は主に【活性酸素】と【糖化】があります。

 

 

【活性酸素】はタンパク質や脂質などと結びついて酸化させる性質があるとされています。

 

一方、

 

【糖化】は糖質がタンパク質と結びついて細胞などを劣化させる性質があるとされています。

 

 

この2つを覚えたら次は対策に移ります。

 

 

 

老化を防止するその方法とは?

 

 

 

タイトルにもありますが、老化を防止するためには少し努力してもらう必要があります。

 

 

 

その少し努力してもらう方法が運動です。

 

 

運動と言っても幅が広いので、
限定的に言わせてもらうと筋トレ(筋肉をつけるトレーニング)をすることなんです。

 

 

なぜ、運動の中でも筋トレかと言うと、

 

 

筋肉をつける運動によって【若さを保つホルモン】が活性化されて、老化の促進を抑えることができるからです。

 

 

実際に若さを保つホルモンが多い人ほど長生きだと分かっています。

 

 

 

でも何からやっていいのか実際わかりませんよね?

 

 

そこで入り口を狭くして、お金をかけず少し負荷のかかるトレーニングをピックアップしてみました。

 

それが、

 

  • 段数の多い階段の昇り降り
  •  

  • 坂道のウォーキング
  •  

  • スクワット
  •  

  • 腕立て伏せ
  •  

  • 腹筋
  •  

  • 背筋
  •  

  • 懸垂
  •  

  • 縄跳び

 

などが挙げられます。

 

 

筋トレの経験があまりない方は張り切ってしまいがちですが、

 

最初から張り切ってやってしまうと、体に痛みがでたりする原因になりますので、

 

あくまで長く続ける目的で取り組んで行きましょう。

 

ちなみに、自分に合ったペースや負荷でやっていくことが長続きするコツです。

 

 

もしこのピックアップしたトレーニングで、足りないという方はジムに行ってみるのもいいでしょう。

 

 

特に、筋トレが初めてという方は正しいやり方を身につけることで、

 

早く結果がでることも期待できますので、初心者の方や復習したい方はこちらを参考にしてみてください。